オーツーの技術

オーツーの技術 Photo
本当に誇れるものだけを

図面上の製品から三次元の製品へ、まるで一つひとつ命を吹き込んでゆくように…。難度の高い形状をもつパーツも、職人たちの手仕事によりミリ単位で絶妙に角度調整されていく。デザイナーの要求に応え、製品として具現化していくのは、経験を積んだ職人たちの役割だ。一本の金属パイプの加工から始まり、最終の組立てや張りの仕上げまで、各分野のエキスパートたちが多岐にわたる家具づくりの工程に携わっている。まずは早々にプロトタイプを作ってしまうのがQUON のスタイル。自社に鉄工所があるため、開発チームが立案する新しい企画やアイデアもすぐさま形にできる。実験的な試みに対して柔軟に対応できることも利点の一つだ。ここまで自由度の高いものづくりが可能なのは、各機能が一拠点に集約された自社工場・一貫生産という環境があるからに他ならない。言うまでもなく、家具のデザインはディテールが全体のクオリティに大きく影響する。どの工程においても妥協は許されない。どこまでも “理想の一脚”を追い求めるクラフトマンシップの上にQUONのものづくりは成り立っている。

Craftsmanship

Craftsmanship Photo

自社に鉄工所があるため、金属製品、金属部品の加工から対応できることがQUON の最大の強みといえる。また、張地の裁断、縫製、そして下張りから張り上げまで一貫して自社内で行っており、この「自社でできる」という体制がオーダー対応の幅を広げることにもつながっている。企画開発サイドともこまやかに連携し、ソフトとハードが両輪となって他ではできないオリジナルの製品づくりに取り組んでいる。

製造
Craftsmanship Photo02
製品管理

QUON では自社設備による製品の強度・ 耐久性試験を行っている。試験の実施にあたってはJIS 規格を上回る基準を独自に運用。コントラクトではホーム家具より高い耐久性が必要なため、より高い水準で製品価値を証明するための取り組みを進めている。不特定多数のユーザーが利用する製品であるからこそ、長く安心して使うことのできる製品だけを送り出したい。その思いがこうした工程にも現れている。

Something More

Something More Photo
無いものは創り出す

もっと自由に、さらに個性的に…。市場が求める多様なシーンに目を向け、幅広いラインナップを揃えるQUON のデザイン。だが、それら既製品は、このブランドの一側面に過ぎない。要望に合わせたカスタマイズ。世の中にただ一つしかない特注品。“ 理想の一脚”を追い求めるQUON の真骨頂は「無いものは創り出す」という姿勢、その中にこそ存在する。既製品に対してオリジナルアレンジをプラスできる「QUON DECOR」。発表以来、好評を博してきたオリジナルコーディネートであるQUON PLUSの新展開だ。こうして特別な仕様でも一点から対応可能なのは、自社でパーツから製作できる環境があるからこその強みだ。 “理想の一脚”、その答えはきっと一つではない。今日もQUON では顧客それぞれのイメージの中にあるその姿を探求し続けている。

Something More Photo02

QUON では、既製品のカスタマイズが容易に行えるシステムを確立している。シート本体、レッグ、ファブリックと、お好みの組み合わせを選ぶことで、ひと味違ったカスタム仕様の製品が実現できる。また、新たに「カラーオーダーシステム」を採用。これは品番を指定するだけで手軽にフレーム塗装色を変更できるというもの。個性的な色柄も揃っており、コーディネートに差をつけたい顧客の要望に応えるメニューとなっている(いずれも対応製品のみ)。

カスタムオーダー
COLOR ORDER Photo
COLOR ORDER

QUON では、wood およびmetal 等の該当製品において独自の「カラーオーダーシステム」を新たに採用。フレーム塗装色のバリエーションを数多く取り揃え、個性的なフレーム色が、より簡単に“ 選択” できるようになりました。ファブリックのデザインと組み合わせることで、意匠や色彩計画により一層広がりを与えてくれます。“ 理想の一脚” を求めて進化を続けるQUON からの新提案です。

詳細はPDF資料をご覧ください